新入荷豆のご案内

(通常の定番商品の入荷は、その都度のお知らせはしておりません)

 

「バリ・アラビカ」

上品な苦味とバランスの良いコーヒーです。10月の産地紹介豆として準備を致します。

2021/09/11


「パプアニューギニアPSCプレミアム」

小農家生産組合のプレミアム豆が入荷しました。8月の生産地紹介豆として、今月の月末から店頭にて販売を始める予定です。

2021/07/17


「ブラジル・サルト エスペシャル」

南ミナス州のサルト農園のパルプドナチュラルの豆が入荷しました。テスト焙煎での感想はブログでお知らせを致します。

2021/05/28


「キリマンジャロ・プランテーション」

キリマンジャロ山麓プランテーション農園のスペシャリティーコーヒーが入荷しました。テスト焙煎をしてからの感想はブログにてお知らせします。

2021/03/12


「グァテマラ・パレンシア・パカマラ」

グァテマラで一、二を争う名門農園の豆を仕入れました。パカマラ種と言う品種の豆になりましてとても大粒の豆です。豆は大粒ですが味はとても繊細で凝縮された味です。品質基準値がとても高く、少々お値段も高いのですが、是非とも味を見ていただきたいコーヒーとなります。

2020/12/01


「エチオピア・シダモ・グジ・ハニープロセス」

ハニープロセス製法のエチオピアの豆を入手できました。商品番号は完売となりました「サハマ農園」と入れ替わりとし、C-156となります。ちなみにC-153の豆と同じ農園の豆となります。精製方法の違いによる味の比較が出来ます。

2020/11/27


「ホンジュラス・プレミアム@RA」

レインフォレストアライアンス認証の豆となります。中米の豆らしく穏やかな味わいで飽きのこないコーヒーとなります。豆の詳細はストレートメニューの商品名から新しいページを見ることが出来ます。ご興味がある方はご覧になってください。

2020/10/21


「ブラジル・サントス No.2 モジアナ」

商品番号:C-012 しばらく在庫が切れていましたがスタンダードなブラジルの豆が入荷しました。通常の流通しているブラジルは産出地区はいろいろなところのものが混ざっていますが、今回の豆はモジアナ地区指定と言うものなので少し品質安定しています。

2020/10/17


「エチオピア・グジ・ゲイシャ G3」

エチオピアのゲイシャ種としては、昨年仕入れた豆とは地域、農園、グレードの違いから比較的お求めやすい販売価格の豆になります。

2020/08/09


「ケニア AA ベストロット」

商社の買い付け時、ベストなロットを選んで決められたと言うことで価格以上の品質の高さが評価できる豆になっております。風味と共に豊かなコクとさわやかな酸味が楽しめる豆です。

2020/02/22


「エチオピアモカ・ベンチマジ・ゲイシャ G1」

希少品種のゲイシャ種としてエチオピアモカの豆を年内中に仕入れる準備をしています。香りと旨み、後味の余韻が楽しめる豆です。

2019/12/01


「ブルーマウンテン No.1」

2年ぶりになりますがジャマイカのブルーマウンテンNo.1を仕入れました。お正月限定の”寿”に活用します。もちろんストレートの受注焙煎も承ります。

2019/11/11


「メキシコ・チアパス@RA」

現在取り扱っていますRA認証の豆の在庫が少なくなりましたので別の銘柄の豆を仕入れました。今でしたら二種類の豆を飲み比べることが出来ます。

2019/10/08


「コロンビア・オーガニック」

しばらく切らしておりましたが新たに新豆で入荷しました。オーガニックコーヒーをお選びの方はどうぞ味をお試しになってください。

2019/10/01


「グァテマラ・ウエウエテナンゴ」

好評を頂いていますアンティグア地区とまた違った味わいの特徴の豆を仕入れました。10月の産地豆としてご紹介する予定です。

2019/09/14


「ブラジル・モジアナ・ヴァーレダグラマ」

モジアナ地区からスペシャリティーのマイクロロットの豆が入荷しました。落ち着いた味わいがありほっとします。保存性の良い穀物ビニールが内側に設けてある30kgパッキングのスペシャリティーグレードのなかでもマイクロロットになります。予定としては9月の産地豆としてご紹介したいと考えています。

2019/08/03


「コロンビア・ウイラ・アセベド」

サンタンデール地区の在庫がなくなりましたので、新たにウイラ地区の豆を入荷しました。保存性の良い穀物ビニールが内側に設けてある35kgパッキングのスペシャリティーグレードになります。8月の産地豆としてご紹介いたします。

2019/07/12


「エチオピア・ハラー オーガニック」

当店で仕入れたエチオピアハラーでは初めてのオーガニック認証の豆になります。7月の産地豆としてご紹介いたします。

2019/06/16


「サントス・プレミアム カルモ・デ・ミナス」

近年スペシャリティーコーヒーの生産地として注文されている「カルモ・デ・ミナス」地区から単一農園の豆が入荷しました。カルモコーヒー社スタッフが現地にてカップし、品質基準を満たすロットのみを厳選しています。「カルモコーヒー社」の品質証明が付けられている農園指定豆で完熟した赤実のみを丁寧にハンドピックされています。

2019/06/10


「コスタリカ・タラス・コララリロ」と「パプアニューギニア・プレミアム」

コスタリカは6月の紹介豆として仕入れましたが数量限定です。パプアニューギニアはパナマが完売となりましたので無農薬栽培の品揃え補充として取り扱います。

2019/05/12


「キリマンジャロ・エデンAA」「キリマンジャロ・プレミアムAA」

キリマンジャロの二品目が入荷いたしました。ややタイプが異なる性質ですがどちらもなじみやすくおいしい豆です。

2019/04/16


「ゴールデンマンデリン」

数年ぶりに仕入れることが出来ました。マンデリン・シナールが完売となりましたので比べていただきたいと思います。

2019/03/08


「ニカラグア SHG」

久しぶりにニカラグアの豆を仕入れました。記録を見ましたら11年ぶりの取り扱いになります。

2019/02/11


「コロンビア・カウカ・ポパヤン プレミアム」

今まで取り扱っていましたカウカ産出地域の豆よりも品質のグレードを上げて仕入れました。コクと甘みがある良い豆です。

2019/02/08


「ブラジル・サントス No.2」

久しぶりではございますが一般普及品グレードのサントスNo.2が入荷しました。

2019/01/11


「エチオピアモカ・レケンプティ」

エチオピアモカ南西部のシダモ地区の豆の在庫がなくなりしばらく経っていましたが、今回初めての取り扱い豆で西部ウォレガ地区の豆を仕入れました。

2018/06/25


「コロンビア・サンタンデール」

コロンビアの今までに仕入れたことのない地区の豆を入荷できました。いろんな資料から期待をしていた豆になりますが仕入れて良かったと思う良い豆です。

2018/03/25


「グアテマラ アンティグア・カツーラ」

グアテマラとしては酸味が弱くとても滑らかな舌触りがある豆です。口当たりがやさしいので浅炒りから深炒りまで楽しめるでしょう。

2018/03/10


「マラウイ・ゲイシャ」

今までの在庫はカンガ村の産出でしたが今回はチシ村の豆を取り扱います。新豆となりますので深みのあるコクがあります。

2018/02/10


「デカフェ・コロンビア」

カフェインレスのコロンビアを入荷しました。お客様からのご要望を受け久しぶりの品揃えとなりました。カフェインが気になる方はどうぞ、気兼ねなくコーヒーが飲めますよ。

2018/01/26


https://cordoba.jp

 

inserted by FC2 system